短期間で取得できる

宿泊施設に泊まりながら、免許を取れる合宿免許の大きな特徴は、短期間で取得できることです。大体、2週間のコースが多いようです。朝から夕方まで集中的に運転する技能講習と講義で学科講習を受けるのですが、毎日、集中的に行うので知識や運転技術をマスターすることが早いことは、不思議なことではありません。普通に自動車学校に通っていると、免許を取るまでにも早い人であっても1ヶ月はかかるかと思われます。

 

学生であっても社会人であっても、空いている時間を使いながら勉強するのですから、時間がかかっても仕方がないのです。それを合宿免許で取るとなると、通うより短い期間で取得できるのですから、人気が高くなることも当然なのです。特に学生の人にとっては、魅力の多い制度かもしれません。比較的に時間にゆとりのある人々の間ですので、通うこともいいでしょうが、集中して短期間取得を目指すなら、合宿免許です。

 

春休みや夏休みを利用して、一気に講義を受けたり運転技能をマスターすることで、2週間後には無事に卒業して、運転免許センターでしか最後の試験を受けて自分の手元に免許証があるのです。まとまった時間を合宿免許に当てることができて、効果的な時間を使うことができます。